【就活】オンライン面接を制するコツ5選!

就職活動

どうもそうです!

自分のブログの軸となりつつある就活シリーズです!今年の4月に就活を終え実際に今までの就活で苦労したことや、こんなことをしたほうがいいなどと就活についての発信をたくさんしてきました!

自分が就活を終えるまでにどんなことをしてきたかはこちらの記事をご覧ください!

そんな中で今回は、コロナ禍によって主流となった「オンライン面接」をテーマについて話していきたいと思います!

オンライン面接についてこんな不安や疑問がある人におすすめの記事です

・オンライン面接のコツは?

・オンライン面接で気を付けることは?

・オンライン面接の服装や背景は?

・気持ちの切り替えが難しそう。

オンライン面接を制するためのコツ!

man in blue and white plaid dress shirt using macbook pro

オンライン面接のコツ

1、しっかりと服装を対面の面接と同じ状況にする

2、対面に比べてよりはきはきと大きな声で話す

3、オンライン面接では手元にメモを用意しておく

4、画面ではなくカメラを見る

5、相槌や反応をより大きくする

しっかりと服装を対面の面接と同じ状況にする

 オンライン面接だからといって、上はスーツで決めるが、下は部屋着という人も少なくないと思いますがこれは確実にNGです。もし面接官の人に立って挨拶をしてくださいなどいきなり立たせられることもありますし、下を部屋着のまま受けることで気持ちがうまく入らず面接に対して気持ちが入らないこともあるのでしっかりとした服装でオンライン面接を受けることが一番です。

対面に比べてはきはきと大きな声で話す

 オンライン面接は対面に比べて相手に声が聞こえずらいという現象が起きてしまいます。通信環境や、マイクの調子などで声が聞きずらくなってしまうことがあるので対面に比べて意識的にはきはき話すことがポイントです!

オンライン面接では手元にメモを用意してもOK

 オンライン面接では相手にメモなど、画面外のことは見られることはありません。画面越しではアピールしたい内容などが伝わりにくくなってしまいますので、画面外に要点をまとめたメモを用意していくこともオンライン面接のコツとなってきます。しかし、メモを見すぎるのは要注意です。目線でばれてしまうこともありますので。

 メモは精神的な余裕を持つための武器として使いましょう。

画面ではなくカメラを見る

 オンライン面接では目線のやり場に困ることがあると思いますが、画面を見てしまうと目線が下がってしまうので目線はしっかりとカメラを見るようにしましょう。

カメラの位置は自分の目の位置になるようにセッティングをして、しっかりと自分の顔がすっきりと映る距離に設定するようにしましょう。カメラのセッティングも面接の合否に大きくかかわってくるのでまずはここの設定をしっかりしましょう。

相槌や反応をより大きくする

 オンラインとなると、相手の反応や相槌がとても大切になってきます。画面上ということもあり相槌や反応があまりうまく伝わりません。なので対面に比べて、反応を多くしたり相槌を多くしたりして反応をすることが大切になってきます。

オンライン面接で準備すべき点5選!

通信環境の確認

 オンライン面接において一番準備で必要なのが通信環境の確認です。オンラインということもあり、通信が悪くなってしまうと面接に大きな支障が出てしまいます。そのためにも通信に関しては無線LANで繋げるのではなく、有線LANで繋げることをおすすめします!有線LANアダプターのおすすめを記事にしているのもありますのでこちらもご覧ください!

ソフトの使い方を事前に確認

 オンライン面接には企業によってさまざまなソフトを使用することがあります。Zoomや、Google Meet、Microsoft Teamsなどいろんなソフトがある中で事前にそのソフトの使い方について準備することが必要です。当日になって使い方がわからずあたふたしてしまっては面接に集中することができなくなるでしょう。ですのでしっかりと事前に自分で調べてマイクの設定やカメラの設定などをすることをおすすめします。

WEB面接のときの名前の設定としては【漢字+フリガナ】や【大学名+氏名】などがおすすめです!企業の方に指定されたらその設定にしましょう。

ソフトの動作の確認

 先ほども言ったのですが企業によってさまざまなソフトを使用することになります。面接が始まる時間に余裕をもって面接のソフトに入室しちゃんとそのソフトが起動されているのかを確認することが必要です!対面でも時間に余裕を持って行動しますがこれはオンライン面接でも同じで始まる時間ギリギリに入室するのではなく、余裕をもって確認しながら入室することが大切です!

明るい部屋で静かな個室を準備する

 面接を受けるには静かな環境で集中して行うことが必要となってきます。また、部屋の明るさなども注意しなくてはいけなくなってくるので自然光が入ってくる窓の近くであったりライトなどを使って明るさなどにも気を付けましょう。

 また、面接中の雑音というのはとても気になる要素になってくるのでもし実家で家族がいる場合などは事前に面接があることを伝えたり、外の雑音を入れないために窓を閉める、小さな雑音を入れないためにもマイク付きのイヤホンを使用するなど工夫することが必要です。

たまにヘッドセットなどを使用して面接をする人がいますが面接の際にはあまりお勧めしません。使うならマイク付きのイヤホンにしましょう!

背景などに注意する

 意外とみられてないと思うかもしれないですが、背景も一つ大切なことです。背景がごちゃごちゃしていると面接官側もそちらに意識を取られてうまくアピールが伝わらないこともあります。ですので背景はシンプルにすることや、ごちゃごちゃしないようにスマートに設定することが必要となってきます。

Zoomなどでは背景を見えなくするバーチャル背景などもソフトの中にありますが、面接のときはあまりお勧めしません。うまく表情が伝わらなかったり、たまに顔が切れてしまう不具合なども考えられるので背景は自分で工夫するようにしましょう。

オンライン面接当日の準備事項

 オンライン面接中、オンライン面接直前に焦るのではなく余裕をもって起床ししっかりと事前準備していくことが面接を制するために必要なことです!

・身だしなみの確認

・パソコン、携帯の設定(通知音は切ってあるか・不要なウィンドウは閉じておく)、充電の確認

・カメラ、マイク、イヤホンは正常に起動するか

・早めに入室してソフトの動作は正常か

・背景や明るさに問題ないか(夕方だと面接中に暗くなってくるので先に電気をつけておくなど)

・メモを取るための用紙は準備できているか(カメラに映らない位置に)

・一番大事な気持ちの準備!!

まとめ

man sitting on mountain cliff facing white clouds rising one hand at golden hour

 オンライン面接は大変なこともありますが自分自身を相手に対してアピールして内定をつかみ取りましょう!オンライン面接も、オフラインの面接も評価ポイントや話す内容は変わりませんが、オンライン面接ではより相手に伝えるということを意識して面接に取り組むことが必要になってきます!

 オフラインより相手の表情や反応が見えづらくどんな感触かもわからないこともありますが、自分の一番のアピールをすることが大切です。ですのでより反応を大きくしたり自分のアピールを最大限に伝えることが必要です!

 オンライン面接などは初めての人が多いかもしれないですが、対面と同様自信をもって精一杯面接に取り組むことが大事です!みんな同じフィールドで戦っているので同じフィールドでどれだけアピールできるかがカギとなってくるので周りに左右されず、自分自身の想いを伝えてみてください!

 今回のこの記事を読んで少しでもオンライン面接を楽に受けれるようになっていただけたら嬉しいです!

 一つ一つ意識してオンライン面接を制しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました