【就活】22卒の就活生の行動まとめ

就職活動

 どうもそうです!

 本日は4月に就職を終了させることができた僕の就職活動のまとめをお知らせしたいと思います!

 ちなみに自分は4月に2社から内定をもらいそのうちの1社に決めて就職を終了しました!そんな僕が就職活動をうまく進めれた行動をお伝えいたします!

 この記事はこのような悩みや、こんな人におすすめです!

・就職はいつから始めればいいのかな?

・インターンシップとかはどーなの?

・就活でいいスタートを切りたい

・23卒、24卒の方

 僕は今の22卒の方に向けての記事ではなく、これから就職活動を始める23卒、24卒の人たち向けになっているので、22卒の人は少し物足りない記事となっているかもしれません。23卒、24卒の人に少しでもいいスタートを切っていただきたいと思い今回書くことにしました!

 私のプロフィールです!

プロフィール

・ブログ初心者の大学4年生

・就活を4月に終え自分のスキルをUPさせるためにブログ開設

・就活に力を入れた自信がある

・趣味:スポーツ、音楽、ブランド品集め

 それでは本題に行きたいと思います!

就活で周りに差をつけるための行動5選

まずは早めの行動

 就活でいいスタートを切るにはまずは早めの行動が一番重要になってくると思います。僕自身3年生の6月から就職活動のために行動はしていましたが、周りには1,2年生からインターンシップに参加している人がいたり、早めの行動をとっている人は多くいます。そのような中でも、周りとの差別化を図るには早めの行動が必要となってきます。

 就活を始めるタイミングはこちらの記事で詳しく書いています!

 就活が解禁される4年の3月から焦るのではなく、今から行動して就活を有利に進めましょう!

f:id:sou463:20210524174712p:plain

長期のインターンシップへの参加!

就活未経験<br>大学生
就活未経験
大学生

短期のインターンシップと長期のインターンシップって何が違うの?

長期のインターンシップは参加したほういいのかな?

など長期インターンシップについて様々な悩みがあると思います。実際僕も参加するまでは、「長期インターンシップって大変そうだなー」とか「長期インターンシップが就活に役立つかな?」などの疑問がありました。

 でも、参加してみるとこのような悩みは一切消えて逆に就活にプラスに働いていると感じました!

 長期インターンシップについてこちらの記事で詳しく説明しています!ぜひ!

f:id:sou463:20210524174934p:plain

早期選考へのエントリー!

 ここからは実際に企業へのエントリーの話です!

 〇早期選考へエントリーするメリット

・就活という経験

・面接を経験して面接慣れできる

・自分の知識を広げれる

 このように早期選考によってより自分の就活を有利にすることができるメリットがあります!

 早めに選考に挑むことで周りより早く就活を経験できたり、そこで面接をすることで面接の場数を増やすことができ、そこから面接になれることができます。実際に僕も早期選考ではあまりうまく話せなかった内容も、第1志望の会社を受けるころには自信をもって自分の言葉で話せるようになりました!また、早期選考のうちにいろいろな企業を見て世の中の企業はどのようなものがあるのかというように自分の知識を広げることができます。いろんな企業の説明会に参加したり、いろんな会社を見ることができるのはこの就職活動をしているときしかないので、この最大のチャンスをしっかりと生かしいろんな業界、業種に目を向けることで本当に自分のやりたいことを見つけることができたり、こんなことをやってみたい!と思う会社を見つけることができるかもしれないです。

 早期選考で周りより早く動くことで、就活成功に大きく前進することができると思います!たくさんのメリットがあるので早め早めを意識して行動することは自分のためにもとても大切になってくるでしょう!!

f:id:sou463:20210524180227p:plain

しっかりと自己分析を!

自己分析、自分を見つめなおすことは就活においてとても大切です!

 これができていないと基本面接で躓いてしまいます!自己分析ができていないと企業選びも苦戦すると思います。

自己分析の質問例

・やりがいを感じた経験

・どんなやりがいを感じたのか

・仕事でも感じたいやりがいは?

・なぜそのやりがいを感じたいのか?

・そのやりがいを感じられる仕事は?

 このように自己分析はより深彫りをしていくことが必要です!今回は「やりがい」を軸に考えましたけど、「強み」や、「弱み」なども同様なぜその強みなのか?などの深堀をしていくことが必要です。自己分析をしっかりすることで、自分に合った職種や仕事、就活の軸などが見えてきます!

 このように自己分析はいかに自分のことを深彫りして質問することができるかが勝負になってきます。いつのキーワードに対して多くの深を意識して自己分析をすることをお勧めします!

 自分で自己分析が難しいと思う人は、マイナビや、リクナビの自己分析ツールを使ってみるのもおすすめします!

f:id:sou463:20210524181836p:plain

面接は場数!

面接は多くの経験をした人が制すると思います!!

僕が一番思ったことはやっぱり面接は場数を踏まないとなれないことだし、多分今の面接と一番最初の面接を比べたら相当違うんだろうなと思うくらいまで面接慣れすることができました!(たぶん自分が面接官でも最初の方の自分の面接では確実に自分のことは採用しないと思う笑)

また、このご時世でもあり、オンライン面接が主要となり、とても苦戦しました。初めはカメラを見ればいいのか画面を見ればいいのかから始まり、部屋の明るさ背景の工夫気持ちの伝え方気持ちの切り替えなど何事もわからないことばかりでやはり最初の面接では本領が発揮できませんでした。しかし、多くの面接を通してオンライン面接にも慣れ、オンライン面接になれているので対面の面接ではより自分の気持ちを伝えることに集中することができ、より対面ではフラットに自分のことを面接官にアピールことができました!僕自身も面接は数えきれないほど行ってきました。1週間に5回面接があったりなど1週間全部が面接の週などもあったのでこのように多くの面接の舞台を経験することができ今の自信をもって話すことができる自分がいると思います!

面接は場数が勝負のカギを握ると思います!

自己分析などができていてもうまく話せなくては元も子もないので、学校のキャリアなどもうまく使用しながら面接の場数を早いうちから増やしていき、行きたい企業の面接では万全な状態で挑めるようにしましょう!!

f:id:sou463:20210524183327p:plain

まとめ

  今回は、自分の行動をまとめました!

 自分は早期選考に参加したりしてはやめに内定をもらうことができ、就活を終えることができました!しかし、早期の内定がすべていいとは限りません。自分の行きたい企業、やりたい職業ができる環境をしっかりと自分の目で確かめて就職活動をすることが大切です!早めの行動と早く終わらせるための行動は違います!焦るのではなく余裕をもって就活に取り組むことができればより自分のパフォーマンスを引き出せることができると思います!就活で4年生で焦らないためにも早めの行動を意識して自分の納得した形で就活を終えれるようにしましょう!!

 この記事は自分が行動したことをまとめたので内定が確実にもらえるための行動ではございません!でも内定には少しでも近づけると思います!

 この記事を読んで行動してくれた人や内定を獲得できた人などが出てほしいですね!

 今回はまとめの形で書きましたが、今後一つ一つについて詳しく書いていこうとも考えています!!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterのフォローもお願いします!!

f:id:sou463:20210525210558p:plain

コメント

タイトルとURLをコピーしました